しぶかみや呉服店

振袖から浴衣まで、あらゆる着物に関することは(株)しぶかみや呉服店にお任せください

トップ > きものの基礎知識

きものの基礎知識

着物を着るにあたって、知っておくとよいことをまとめてみました。
まずは着こなしのTPOと、季節の衣替えが大切になりますので、参考になさって下さい。

きものの種類

  • 留袖

    留袖

    即婚女性の第一礼装です。昔元服の時に振袖の袂を短く切りつめたところから出た名称で、 現在では、裾模様の一種として、五つ紋をつけた格調高いきものです。留袖には黒留袖と色留袖があります。

  • 振袖

    振袖

    ミスの第一礼装として、広く着用されています。 振袖には、本振袖と中振袖があります。 絵羽付けされた総模様のものが多く、 古典調、モダン調、総しぼりなど種類も多いので、好みを生かして個性的に装うことが楽しめます。

  • 訪問着

    訪問着

    柄が絵羽付けされた正装用の着ものです。 古典的なものや吉祥模様のものが多く、華やかな装いにぴったりのきものです。 仮縫いされて、全体の模様がわかるようになっています。 仕立て上がったとき模様は全てつながります。

  • 色無地

    色無地

    好みの地色に染めたものをいいます。 紋を付けると一層改まり、準正装として用いることができます。 色無地はあわせる帯により用途も広く、一枚は用意したいものです。

  • つけ下げ

    つけ下げ

    つけ下げは訪問着を簡素化したもので、 仕立上がると見頃、袖、衽、衿などに模様が上向きに配され絵羽風に見えますが、 模様はつながるものとそうでないところがあります。

  • つけ下げ小紋

    つけ下げ小紋

    きものの模様を肩山から前後に振り分けに下げて染め、 模様が逆さまにならないように工夫してあります。

  • 小紋

    小紋

    大紋、中紋、小紋のように模様の大小からきた名称で、現在は一般に小紋といわれているのは型染めの一種です。 模様は全体に同じ柄を繰り返したもので、幅広い年齢層の人が楽しめるきものです。

帯の種類

帯はきもの姿をひきたてるのに、もっとも大切な役目をもっています。後の顔といわれるほど、結び方に表現が表れます。 きものの種類や着る場所により、調和をはかる為にも、種類を知っておきましょう。
  • 丸帯・・・広幅(約70cm)に織った帯地を二つ折りにして、芯を入れて仕立てたもの、格調高い帯です。 用途は、花嫁衣装に多く使われます。
  • 袋帯(4m20cm~4m30cm)・・・袋織で輪に織ったものを袋帯といいますが、現在では二枚に織ったものを縫い合わせたものがほとんどです。 礼装用、振袖用、おしゃれ用とあります。
  • 名古屋帯(3m80cm~)・・・正装から普段用にと用途は広く、現在では欠くことのできないものです。
    • ※九寸なごや帯・・・お太鼓になる部分は並幅にし、胴にまく部分は半幅に仕立てたものです。芯は必ず入れます。
    • ※八寸なごや帯・・・幅を30cmに織り、両耳をかがるだけで芯を入れないで仕立てたものです。
    • ※袋なごや帯・・・袋帯と同じ幅で、二枚に織った布を縫い合わせて芯を入れて仕立てたもの、長さはなごや帯と同じです。 胴にまく部分は半分に折って使用します。袋帯をなごや帯の長さにしてものです。
  • 半幅帯・・・羽織下や普段着、浴衣などに用います。
  • 単帯・・・一枚織の帯です。おもに夏用の帯として用います。 八寸(30cm)七寸(約27cm)六寸(約23cm)四寸(約15cm)幅のものがあります。
  • 角帯・・・男帯です。幅9cm、長さ4m20cm程です。
  • 小幅袋帯・・・フォーマルのきものにも結べる豪華な細帯です。 幅は4寸(15cm)~六寸(23cm)など多様です。

着物と帯の組み合わせ

きものと帯とは、お互いを引き立たせる大切なもの。その組み合わせもきものの格に応じて変わっていきます。 帯を中心にして、きものとの調和を組み合わせてみました。
  • 組み合わせ1
  • 組み合わせ2
  • 組み合わせ3
  • 組み合わせ4

着物の種類と着る時、場所

きものを着るといっても、どんな着物をどんな時に着たらいいのか・・・ そんな言葉を耳にすることがあります。 正装から普段着まで、表にしてわかりやすくしました。困った時はご覧ください。
  • 結婚式・・・留袖・振袖・訪問着・色無地・つけ下げ
    ※関係によって着るものは、変わってきます。
  • パーティー・・・振袖・訪問着・色無地・つけ下げ
  • お見合い・・・振袖・訪問着・つけ下げ・小紋
  • 結納・・・振袖・訪問着・色無地・つけ下げ
  • 卒業式・・・振袖・訪問着・色無地・つけ下げ
  • 子供の入卒式・お祝い・・・訪問着・色無地・つけ下げ・小紋
  • 新年の挨拶・・・振袖・訪問着・色無地・つけ下げ・小紋
  • 観劇会・・・・訪問着・つけ下げ・小紋
  • 同窓会・・・小紋・紬・大島
  • 法事・・・色無地(地味な色)
  • お通夜・・・色無地(地味な色)・喪服
    ※関係によって着るものは、変わってきます。
  • お葬式・・・色無地(地味な色)・喪服
    ※関係によって着るものは、変わってきます。

季節の衣替え

春夏秋冬・・・
季節を生活の中に取り入れ衣生活を楽しむ私たちの暮らしには、衣替えは欠く事のできないものです。 近年になり6月1日から単衣に。10月1日から袷と衣替えすることが決められました。 しかし、このしきたりも、近頃の地球温暖化現象や、衣服の素材が進歩したことにより、 暦の上の季節よりも、肌で感じる暑さ寒さ、好みによっての「衣替え」をする生理的な衣替えに変わってきたようです。 きものは四季により自然との調和に美しさを見出し、季節のおしゃれを楽しませてくれます。

着付けに必要な小物

春夏秋冬・・・
季節を生活の中に取り入れ衣生活を楽しむ私たちの暮らしには、衣替えは欠く事のできないものです。 近年になり6月1日から単衣に。10月1日から袷と衣替えすることが決められました。 しかし、このしきたりも、近頃の地球温暖化現象や、衣服の素材が進歩したことにより、 暦の上の季節よりも、肌で感じる暑さ寒さ、好みによっての「衣替え」をする生理的な衣替えに変わってきたようです。 きものは四季により自然との調和に美しさを見出し、季節のおしゃれを楽しませてくれます。
  1. 足袋
  2. すそよけ
  3. 肌襦袢
  4. 腰ひも
  5. だて締め
  6. 前板
  7. 帯枕
  8. 帯あげ
  9. 帯じめ
  10. 半衿
  11. 衿芯
  12. その他・・・タオルなど

お店紹介

しぶかみや情報

振袖や浴衣などしぶかみやならではの情報をお届けします。気になるバナーをクリックしてください

ページのトップへ戻る